1. Top
  2. 病院案内
  3. 施設基準等について

施設基準等について

入院基本料

当院は、厚生労働大臣が定める基準による看護を行っている保険医療機関です。

以下の看護基準を満たしています。

・急性期一般入院基本料5(145床)
<看護配置 10対1、看護補助配置 25対1>

・回復期リハビリテーション病棟入院料2(100床)
  <看護配置 13対1、看護補助配置 30対1>

・療養病棟入院基本料1(35床)
  <看護配置 20対1、看護補助配置 20対1>

 

※当院は、入院時食事療養費の承認を受けており、医師の発行する食事せんに基づき、管理栄養士が管理する食事を適時(夕食については18時以降)・適温で提供し、十分な栄養指導を行っています。

基本診療料の施設基準(平成30年4月1日現在)

・歯科外来診療環境体制加算1
・診療録管理体制加算1
・医師事務作業補助体制加算2(25対1)
急性期看護補助体制加算(25対1)
・重症者等療養環境特別加算
・療養病棟療養環境加算1
・医療安全対策加算2
・感染防止対策加算1
・患者サポート体制充実加算
・データ提出加算1(ロ)
・入退院支援加算1
・認知症ケア加算2
・初診料(歯科)の注1に掲げる基準

・入院時食事療養/生活療養
(Ⅰ)

特掲診療料の施設基準(平成30年4月1日現在)

・がん治療連携指導料
・がん性疼痛緩和指導管理料
・肝炎インターフェロン治療計画料
・薬剤管理指導料
・歯科疾患管理料の注11に掲げる総合医療管理加算及び歯科治療時医療管理料
・検体検査管理加算(Ⅱ)
・長期継続頭蓋内脳波検査
・画像診断管理加算1
・画像診断管理加算2
・CT撮影及びMRI撮影
・抗悪性腫瘍剤処方管理加算
・脳血管疾患等リハビリテーション料(Ⅰ)
・運動器リハビリテーション料(Ⅰ)
・呼吸器リハビリテーション料(Ⅰ)
・集団コミュニケーション療法料
・歯科口腔リハビリテーション料2
・歯科技工加算1及び2
・脳刺激装置植込術及び脳刺激装置交換術
・脊髄刺激装置植込術及び脊髄刺激装置交換術
・ペースメーカー移植術及びペースメーカー交換術

・医科点数表第2章第10部手術の通則の16に掲げる手術(胃瘻増設術)
・輸血管理料Ⅱ
・胃瘻増設時嚥下機能評価加算
・クラウン・ブリッジ維持管理料

指定医療機関

・生活保護法指定医療機関
・労災保険法指定医療機関
・指定自立支援医療機関
・原爆被爆者一般疾病指定医療機関
・感染症法による結核指定医療機関
・特定疾患治療指定医療機関

ページ先頭へ戻る

ペ-ジ先頭へ戻る