1. Top
  2. 病院案内
  3. 院長あいさつ

院長あいさつ

院長 山元 哲雄
院長 山元 哲雄

北大阪警察病院は、昭和18年12月1日、現在の大阪府警察協会により大阪警察病院分院(75床)として設立されました。当初から、警察職員・家族の職域病院であるとともに、地域の皆さまにも広く門戸を開き、地域に根ざした病院として発展してきました。昭和51年に大阪第二警察病院と改称後、平成18年4月には回復期リハビリテーション病棟の新築にあわせ、名称も北大阪警察病院(280床)となりました。その後、今で言う医療崩壊のまっただ中にのみこまれましたが再建し、平成19年7月からは、経営母体を同じくする大阪警察病院(大阪市天王寺区、580床)と全面的な医療連携を図ることとなり、新たな医療の展開が始まりました。

現在は、急性期医療とともに、急性期の治療後に必要とされる回復期リハビリテーションを遅れなく、さらに医療型療養病床も設置しスムーズに移行できる体制となり、目標とする急性期から回復期、慢性期に至るシームレスな(区切らず、継ぎ目がない)医療を提供し得る施設へと発展しています。

大阪府茨木市の郊外の、丘陵地にある当院は周辺を古代ロマン漂う古墳群が多く、なかでも病院北側には4世紀に作られた紫金山古墳があります。緑あふれるすばらしい自然が豊富な地域であり、これらの環境でそれぞれの患者さんにふさわしい最善の医療を提供していきたいと考えております。

ページ先頭へ戻る

ページ先頭へ戻る