1. Top
  2. 病院案内
  3. 医療安全について

医療安全について

医療安全体系

  • 現場からは安全に関するインシデント・アクシデントレポートが、些細な問題点に至るまで積極的に提出されています。
  • リスクマネージャーを全部署に(内科や外科などの診療科や入院病棟はもちろん、事務や給食等の部署にも)配置し、現場での安全対策の取りまとめを行っています。
  • リスクマネージメント部会は月に1回開催され、現場からのレポートの中で主なものを検討し、改善に努めています。また全体の傾向を分析し改善策を作ることや安全パトロール、職員の安全への意識を高める啓蒙活動も行っています。
  • 医療安全管理委員会も月に1回開催されています。リスクマネージメント部会の上部組織として、安全に関して特に重要な点について検討と改善策を議論し、対応 しています。また医療安全管理マニュアルを作成し、順次改定を行っています。また、講演会の開催などの啓蒙活動も行っています。
  • このような会議での主な内容は、病院長をはじめ各部署の管理者に伝えられます。そのことによって全病院的に問題点に取り組むことができます。
    また、全部署に毎月配布されるリスクマネージメントニュースや管理者・リスクマネージャーの説明を通じて、全職員が安全についての意識を共有しています。
  • これらの取り組みを通じて改善を迅速かつ的確に行うことで、安全上の大きな問題を未然に防ぐことに貢献しています。

今後もこれらの取り組みを絶え間なく続けることによって、全職員一丸となり、より安全な医療を目指して努力してまいります。医療の安全についてお気づきのことがありましたら、リスクマネージャー(名札に記載しています)までお申し出ください。

ページ先頭へ戻る

ページ先頭へ戻る