1. Top
  2. 看護部のご案内
  3. 先輩看護師のメッセージ

先輩看護師のメッセージ

高い理想を持って医療に従事することの喜びを知りました。

看護師(2病棟 1年目)

北大阪けいさつ病院に勤めるきっかけは何?

学生の頃から、私には理想の看護師像というものがあり、わたし自身できる限りその理想に近づきたいと思っておりました。そのように考えていた中、最初のきっかけとしてホームページ内に書かれていた教育体制が私の心を動かし入職に至りました。

仕事の喜びとは

わたしの受け持つ病棟では脳疾患の方が多く、それがゆえ患者さんの意識レベルが少しづつ良くなったり、リハビリで体が動けるようになった時、患者さんと共に喜べることが嬉しいですね。こんな私も入職して早々、臨床の現場に臨む時は緊張することも多く、プリセプターや諸先輩方のフォローに助けられることもありました。教育体制の仕組みだけではなく、人と人の連携がスムースなのも北大阪けいさつ病院の特徴だと思います。この病院で私自身もっと専門知識を身に付け、患者さんの立場にたてる看護を心がけていきたいと思います。

休日には何をして楽しんでいますか

本当に普通なのですが友達とショッピングをしたり、映画やカラオケに行って楽しんでいます。京都にも大阪にも出るのに便利な立地にある病院。そのそばに住んでいますので、気分に合わせて遊びに出ますね。

最後に未来の後輩にひとこと

将来自分はどのような看護師になりたいのか一度考えてください。そしてその理想の看護師像に近づける病院のひとつが、この北大阪けいさつ病院であれば是非病院見学にいらしてください。お待ちしています。

母の背中を追いかけて、憧れの看護師になりました。

看護師(3病棟 23年目)

北大阪けいさつ病院に勤めるきっかけは何?

母も看護師で大阪けいさつ病院に努めていました。母は私にとって大きな存在であり、看護師に憧れたきっかけも小さい頃、母に連れられて入ったナースステーションでした。その時の白衣姿の看護師さんたちがとてもステキだったことを覚えています。そして、私は地元で勤めたかったこともあり、地元に密着した北大阪けいさつ病院へと就職しました。

今の仕事を通して、将来目指しているものは?

看護をするという自分の経験が、今では自分の人生を見つめる礎にもなると思っています。このような出会いを作ってくれた母、また看護師として大きな存在である母親がいつまでもわたしの目標です。

休日には何をして楽しんでいますか

そうですね。わたしは舞台観劇が好きで、暇があればミュージカル、ストレートプレイバレエを観賞しています。面白いですよ。興味のある方は一緒に行きましょう。

これから入ってくる後輩たちに一言

まず人を好きになりましょう。看護師の仕事は、人と人をつなぐことの出来る仕事です。

優しく、きびしく、ほっとする、知識のある看護師を目指して

看護師(3病棟 2年目)

北大阪けいさつ病院に勤めるきっかけは何?

それは偶然だったのですが、知人に声をかけられた一言がこの北大阪けいさつ病院との出会いでした。実はメタボリック症候群や糖尿病予防の看護を目指し、糖尿病療養士の資格を取得したいと考えていました。そのために専門の医師がいる病院で働きたかった。この北大阪けいさつ病院はまさにわたしが考えていた理想の病院でした。

今の仕事を通して、将来目指しているものは?

もちろん糖尿病療養士です。ただその前に優しく、きびしく、ほっとする、もちろん知識のある看護師であることが大切だと思います。

休日には何をして楽しんでいますか

「眠って、食べて、買い物して~。」です。地元茨木市内でもいろいろ穴場はあるのですがご紹介はまた入職されたら話しましょう。その他たまに友人たちとシルバー細工をしています。手作りは楽しいです。ナース以外の友人とのおしゃべりも楽しい世界が広がります。

最後に未来の後輩にひとこと

将来の目標を持って看護という仕事をする。また仕事とそれ以外の生活をしっかり充実させることが大切です。まずはその最初の第一歩を当院で歩んでもらえたらと思います。

さまざまな年齢層のスタッフと語らい、看護の本質を学んでください。

看護師(西1病棟 6年目)

北大阪けいさつ病院に勤めるきっかけは何?

専門学校時代の病院実習時に、当院があることを知り見学に来ました。そのときに詰所にいるスタッフたちが笑顔で楽しそうに仕事をしている姿を見て、当院に就職しようと思いました。

仕事の喜びとは

患者さんに名前を覚えてもらったり、呼んでもらう時に、自分のことを覚えてもらえてることにうれしさを感じます。ほとんど看護婦さんと呼ぶ患者さんが多いですが、フルネームで呼ばれたらうれしいです。また、処置を行った後、ありがとうと笑顔で言われたり、元気に退院していく姿を見ることはナースになってよかったと思います。

これから入ってくる後輩たちに一言

当院は若い人からと幅広い年齢層のスタッフで働いており、多くの先輩たちに昔はこんなんだったと話すときは1年目にとって励みになり、勉強にもなります。回復期リハビリテーション病棟は、ナースだけでなく他の職種(セラピスト・MSWなど)との関わりが密なので、色々な職種と話せて楽しいです。また急性期病棟と違い、実生活に向けてのリハビリを行うため、どんなことが患者さんにとって必要かが分かりとても勉強になります。ぜひとも当院で勉強してみてください。

患者さんの回復する姿に刺激を受ける毎日です。

看護師(西2病棟 3年目)

北大阪けいさつ病院に勤めるきっかけは何?

大阪警察病院看護専門学校で学んでいた私は、北大阪けいさつ病院は付属の病院で研修先として大変お世話になった際に先輩方があたたかく熱心に指導をしてくださりました。先輩方からもいろいろとお話を伺うことができ、大阪警察病院看護専門学校を卒業後はココで働きたいという思いから北大阪けいさつ病院に就職を希望しました。

仕事の喜びとは

わたしの現在の勤務はリハビリ病棟です。担当する患者さんが昨日まで出来なかったことが突然出来るようになった時など、それまでのいろいろなことを思い出したりして、自分のことのように嬉しいです。またいつも車椅子だった人が、退院時には独歩で歩いている姿を見るのは、まさに達成感があり、この仕事に対してやりがいを感じます。

休日には何をして楽しんでいますか

仕事に就いてからは1人暮らしをしているので、まずは家事全般をしています。また茨木市は自然が多いのでサイクリングや散歩をしたり、実は以外に大型ショッピグモールなど買い物できるところも多いのでショッピングを楽しんでいます。

ページ先頭へ戻る

ページ先頭へ戻る