1. Top
  2. 外来受診のご案内
  3. 臨床検査科

臨床検査科

部長 あいさつ

スタッフ集合写真

臨床検査科部長の山元哲雄でございます。

臨床検査とは言うまでもなく患者様由来の生体試料(サンプル)を調べる(検体検査)、または患者様自身がもつ生理学的情報を機械工学的に抽出する(生理機能検査)ことによって、患者様の身体がおかれた病的な状況を客観的に分析・評価・判断する手法・過程であり、現代医学・医療の遂行のためになくてはならないものであります。

私共臨床検査科一同は患者様の一日も早い回復のために正確な検査データを迅速に報告できるように、また、患者様が安心して心地よく検査が受けられるように日々工夫努力し、内容豊かなものにするよう努める所存であります。また、当院の臨床検査科に対するご要望ならびにご批判などがございましたら、遠慮なくお申し出願えればと考えております。どうか今後ともよろしく お願い申しあげます。

目標

疾病の正確な診断・治療に寄与する為、個々が迅速・確実な検査データの提供を念頭に置き、加えて、高度化する医療に対応すべく研鑽を重ね、且つ基本に忠実に業務を遂行する。

PR

私共、臨床検査科は、疾病の検出・診断・治療に寄与する為の各種検査データを日々測定・報告しています。業務範囲は血液・尿をはじめとする、患者様から採取できるあらゆる物質(検体といいます)の分析から、心電図やエコー検査など患者様への直接的な検査や採血業務に至るまで多岐に亘り、緊急の検査依頼に対しては、当直体制をもって24時間昼夜を問わずに対応しています。また病院実習の学生を受け入れ、後進の育成にも協力しています。

スタッフ

臨床検査技師

12名(1名は臨床工学技士免許も所持)

病理医(嘱託)

1名

業務内容

ここでは当科の業務内容を簡単ながらご案内致します。臨床検査科業務には大きく分けて、『検体検査部門』と『生理検査部門』 があります。

検体検査部門

検体とは検査・分析しようとする対象物質のことで、この場合代表的なものでは、血液・尿、その他にも、便・髄液・腹水・胸水・関節液・膿・喀痰・結石や摘出した臓器にいたるまで多種多様です。それらは目的に合わせて5つに分けられた各検査係のもとへ送られます。

1. 生化学検査係

血液中に含まれている、各臓器や病原体に由来する物質を測定して、多くの疾患の診断補助となるデータを提供している、検体検査の中心的な存在です。検体は、血液から有形成分(赤血球・白血球・血小板・フィブリン等)を除いた血清を用います。測定項目は、酵素・代謝産物・電解質・免疫物質・腫瘍マーカーなど、院内実施分だけで約50項目以上にのぼり、最も多くの検査件数を処理しています。近頃注目されているメタボリックシンドロームの診断基準である、中性脂肪・コレステロール・血糖の測定も当係の担当です。

2. 血液検査係

血液中の細胞成分(赤血球・白血球・血小板)に関する検査が中心です。細胞数の計測・染色標本を用いての血球像の観察から貧血や白血病などの血液疾患や細菌感染症などの診断に有用な情報を提供しています。他に血が固まる能力(止血能)に関する検査、血液型の判定も行います。輸血に関する業務については血液製剤の発注から交差適合試験・受け渡しまで当係が一括で管理しています。

3. 一般検査係

尿や便検査を主に行います。尿や便は採取に苦痛を伴わず、検査も簡単にでき、しかも体の状態をよく反映することから内科的診断の基礎検査となっており、糖尿病(尿糖)や消化器癌(便潜血)をはじめとする各種疾患の貴重な情報源です。他に髄液検査、妊娠反応、精液検査、尿中ニコチン量の測定なども行っています。

4. 細菌検査係

この係はその名の通り、人体に病害をもたらす細菌の検出・同定(菌種の判別)から、さらにその病原菌にどの抗生剤が有効かを判定する薬剤感受性検査までを行います。検体は喀痰・尿・便・膿などの排泄物からガーゼ、各種カテーテル、チュ-ブ等に至るまで多種多様です。結核菌やインフルエンザウイルス感染も迅速に判定します。また栄養管理課職員の衛生管理の為の検査も定期的に行っています。

5. 病理検査係

細胞や組織が良性であるのか悪性の癌であるのかを判定する検査が中心です。検体として尿や喀痰などの中に含まれる細胞(細胞診)や、大腸ファイバーや胃カメラで採取した組織片(組織診)などが用いられます。染色標本を作製後、病理医が良性であるか悪性であるかの判定をします。また手術の際、臓器の切除断端に癌細胞が残存していないかを判定する術中迅速診断も行っています。

生理検査部門

生理検査とは、患者様に対して直接的に行う検査の総称で、裏方的な業務の多い当科にあって、この係はその中では唯一、患者様方とお会いすることができる業務領域です。実施している項目を簡単にご説明します。

心電図室での実施項目

呼吸機能気管支喘息や肺気腫、肺線維化症などをはじめとする各種呼吸器疾患の評価のために、肺活量や1秒率(1秒間の呼出量/全呼出量)などを測定します。
心電図心筋の電気活動を記録したもので、不整脈や狭心症・心筋梗塞、心肥大などの診断に有用です。通常の安静時心電図の他に、階段昇降前後の心電図を記録して労作性狭心症の検出をするマスター負荷心電図や、日常生活中の心電図を24時間記録するホルター心電図があります。
ABI動脈硬化の程度を判断する為の指標となる検査です。両腕と両足首の血圧を測定し、下肢の血管の狭窄や動脈壁の硬さを調べます。高血圧や糖尿病などの全身に影響を及ぼす疾患では、下肢の結果は全身の動脈の状態を反映していると考えられます。
CV R-R糖尿病などによって引き起こされる、神経障害の程度を調べます。心電図を付けて脈拍の間隔のばらつきを通常呼吸時と深呼吸時で記録し、自律神経障害を推測します。

エコー検査室での実施項目

超音波検査とも言います。体表面にプローブ(探触子)をあて、内部組織の画像を描出して各種臓器の観察、計測を行います。検査科が担当しているものは以下の項目です。

腹部エコー基本的に、肝臓・胆嚢・膵臓・脾臓・腎臓を観察します。疾患によっては腹部の血管や膀胱なども見ることがあります。
心エコー心臓の弁や壁の動き、心筋の肥大、内腔の拡大、各所の血流などを調べます。また心臓につながっている血管も観察します。
頸部エコー頸部(首)を走行する、総頸動脈~内・外頸動脈を観察します。動脈硬化の指標となるIMT(内・中膜複合体)を計測し、プラークの有無やその程度を調べます。検査しているのは頸部の動脈ですが、頭部の動脈の状態を推測する良い資料となります。

他に、甲状腺、下肢動・静脈エコー なども行っています。
各部位とも検査時の苦痛は全くありません。所要時間は約15~30分程度です。また超音波検査は人体に対する悪影響は報告されていませんので、その点でも安心して受けていただけます。

その他

聴力検査ヘッドフォンを通して数種類の高さの音を聞いていただき、それぞれの聞こえ具合を調べます。
脳波検査脳の活動電位の記録で、主にてんかんや認知症の確認に有用です。

ページ先頭へ戻る

ページ先頭へ戻る