1. Top
  2. 外来受診のご案内
  3. 整形外科

整形外科

目標

患者さんの日常生活をより改善していく。

特徴など

1.変形性関節症(股関節・膝関節)における人工関節手術
2.新鮮圧迫骨折患者さんの入院による積極的治療
3.骨粗鬆症の精密検査(DEXA・骨代謝マーカー)、治療
4.関節リュウマチの精査、治療
5.様々な疾患での地域の専門医の紹介及び連携治療

PRしたいこと

1.当院は地域における股関節・膝関節の中心的な病院を目指し、近隣の病院やクリニックより紹介を受け、変形性関節症の患者さんに必要な検査を行った後、適切な治療方針を説明、患者さんの意向を尊重し保存的治療(薬物療法・関節内注射・装具療法など)から人工関節手術などを行っています。
2.新鮮圧迫骨折患者さんの入院を積極的に受け入れ、MRI、DEXA等の精査を行った後、今後さらなる新規圧迫骨折を起こさないよう早期に適切な治療介入をしていきます。また、当院は回復期リハビリ病棟を併設しており、早期より必要なリハビリ加療を行い、必要に応じて数か月間の専門的なリハビリを受けることができます。
3.骨粗鬆症に関しては、当院には骨密度を正確に測定することのできるDEXAと言う専用のレントゲン機器があり、特に予約は必要なく当日のうちに検査及び結果説明を行えます。また、今後の骨粗鬆症の進行速度を測るため、血液検査による骨代謝マーカーの測定を行っています。この二つを行うことにより、適切な治療方針を決めることができます。
4.当院は、内科、放射線科の医師の協力のもと、関節リウマチなどによる骨破壊・炎症の状態を把握したのち、免疫抑制剤などのお薬を安全に使用できるかなどそれぞれの患者さんの内科的合併症や感染症、呼吸機能の評価を行っています。
5.現在、大阪大学医学部附属病院整形外科を中心に、脊椎外科専門医、手の外科、リウマチ膠原病、骨粗鬆症、骨腫瘍の専門知識を持った先生に外来応援に来ていただいています。

各種認定指定

日本整形外科学会 研修施設

スタッフ

塚本 泰徳

氏名 塚本 泰徳
役職 整形外科部長
出身大学 鳥取大学
卒年 平成2年卒
専門領域 関節外科(特に人工関節)、リウマチ
学会活動 日本整形外科学会(整形外科認定医、リウマチ認定医、スポーツ認定医)
日本リウマチ学会(専門医)
日本人工関節学会
日本股関節学会
職歴 平成2年大阪大学整形外科入局後、国立大阪南病院、暁明館病院、府立千里救命救急センター、阪和泉北病院、大阪大学付属病院にて研修を積んだのち、柏原赤十字病院、大阪府立病院、NTT病院などにて膝、股関節の人工関節手術を行ってきました。中でも大阪府立病院(大阪府立急性期総合医療センター)では6年半にわたり毎年年間100件以上の人工関節手術に中心的指導をしてきました。
一言PR 今後は、大阪大学整形外科医局と連携しながら、北摂、茨木での整形外科の発展に寄与していきたいと思います。その他、腰痛、関節痛、骨粗鬆症などでお困りの事がありましたら、気軽にお尋ねください。

辻 洋臣

氏名 辻 洋臣
役職 整形外科医員
出身大学 徳島大学
卒年 平成19年
専門領域  
学会活動  
一言PR 地域の皆様が健康的な毎日を送れるよう頑張ります。

友永 真人

非常勤医師

橋本 佳周

非常勤医師

岡 久仁洋

非常勤医師

蛯名 耕介

非常勤医師

牧野 孝洋

非常勤医師

串岡 純一

非常勤医師

花井 洋人

非常勤医師

ページ先頭へ戻る

ペ-ジ先頭へ戻る