1. Top
  2. 外来受診のご案内
  3. リハビリテーション科

リハビリテーション科

目標

全ての患者様のニーズに応じたきめ細かなリハビリテーションプログラムの提供とゴール(主に在宅復帰)の実現

業務内容・特徴

当院では、医師とコメディカルスタッフ(理学療法・作業療法・言語聴覚療法・看護師・メディカルソーシャルワーカー)が協力し、患者様やご家族のニーズに応えるべく、包括的なリハビリテーションを進められるシステムをとっております。

各々の患者様の背景を考慮し、機能回復訓練のみならず各種公的サービスの利用や適切な生活補助用具使用の検討を視野にいれ、早期よりリハビリテーションを進めていきます。また頻回にカンファレンスを重ね、スタッフ間で患者様の現状と問題点を把握し、情報交換しております。

急性期から回復期リハビリテーション、そして外来リハビリテーションでのフォローも含め、各段階での評価に照らし合わせたゴールの設定と、リハビリテーションプログラムをお示しし、治療を進めます。患者様の日常生活活動レベルを高め、一人でも多くの患者様に、自宅での生活に戻っていただけますよう、スタッフ全員で協力しています。

PR

産業都市と住宅都市としての要素を併せもつ茨木市にあって、北大阪に位置する当院を受診される患者様の生活環境は様々です。

リハビリテーションスタッフは若手も多く、元気いっぱいで、患者様と一緒になって、ゴール(主に家庭復帰)を目指すお手伝いを致します。

回復期病棟では、快適な生活空間を患者様に提供し、入院中の実生活の場として在宅復帰に向けてアプローチできるよう、トイレやベッドなども工夫された仕様になっております。

将来的には、訪問リハビリテーションを含めた展開も計画しておりますが、現在は、外来通院にて、在宅での状況をお伺いし、リハビリテーションを行っております。

今後とも、地域密着型病院として、北大阪を中心とした患者様のニーズに応えられる病院になっていきたいと考えております。

万全なサポート体制を整え、意欲的で熱意に溢れるスタッフがお待ちしております。

各種認定指定

日本リハビリテーション医学会 認定施設

リハビリテーション医

原田 武雄

氏名 原田 武雄
役職 リハビリテーション科部長
出身大学 九州大学

永野重郎

氏名 永野 重郎
役職 リハビリテーション科副部長
出身大学 大阪大学
卒年 昭和57年
一言PR 回復期リハビリテーション病棟の専従医師として勤務させていただきます。

中谷英幸

氏名 中谷 英幸
役職 医員
出身大学  
リハビリテーション技術科スタッフ(全54名)
理学療法士 35名
作業療法士 13名
言語聴覚士 5名
鍼灸師 1名

リハビリテーション科の活動

カンファレンス

  AcPT_pic1.jpg

「脳外科」

画像診断を下に、脳外科医による血管内治療を中心とした手術後の状態の説明や、看護師との情報共有などをしております。

Ac_pic2.jpg

「整形外科」

整形外科医より骨折後や手術後の状態を画像診断を用いて説明を受け、リハビリテーションのプランを立てたり、リスクの把握などをしています。

各種研修会・勉強会

Ac_pic3.jpg
Ac_pic4.jpg

「症例検討会」

PT、OT、ST合同でアットホームな雰囲気の下、担当している症例について相談し合っています。

Ac_pic5.jpg

「福祉用具勉強会」

福祉用具の種類や用途に関する最新の情報を共有し合っています。

Ac_pic6.jpg

「作業に焦点を当てた作業療法勉強会」

より効率よくリハビリテーション効果を発揮するためには、その人にとって意味のある作業(生活行為)を引き出す事が重要と言われています。そのために必要な知識を共有しています。

Ac_pic7.jpg

「住宅改修勉強会」

障害を持ってもいかに人らしく生活できるかは、機能改善だけではなく、環境にかかっています。そのよりよい生活環境作りに必要な知識を研修しています。

(今後の予定)

・運動の制御、学習
・足底板療法の実際
・正常歩行の理解
・装具療法の実際    など

 

学会発表

研究デザイン作成から、抄録提出や学会発表まで、数名のグループで協力して進めていきます。

過去の発表内容はこちら(pdfファイル 100kb)をご覧ください。

 

理学療法について   作業療法について   言語聴覚療法について

ページ先頭へ戻る

ペ-ジ先頭へ戻る